海外の反応:世界ウォッチング

日本・海外のあらゆる話題をピックアップしながら外国人の反応を紹介するサイトです。毎日ドンドン更新していきます!

    カテゴリ: ゲーム・ホビー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    先日投稿した記事では不適切な画像があり、皆さまに不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申しあげます。
    急きょ削除致しましたが前回の記事は管理人側の完全なミスであり、深く反省しております。
    普段このブログへ来てくださっている方々、そして前回の記事で初めてこのブログへ来てくださった方々、誠に申し訳ありませんでした。


    今後は二度とこのような事がないよう、重々気を付けていきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    それでは、記事の紹介に移りたいと思います。


    ゲームソフトの制作及び開発を行っている日本のゲーム会社「バンダイナムコエンターテイメント」の創設者である中村雅哉氏が、1月22日に逝去したことが1月30日に公式サイトで発表されました。
    同社から発表された「パックマン」は世界中で大ヒットし、「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス世界記録にも認定されています。


    「元ナムコ会長で、国内外でヒットしたゲーム『パックマン』を世に出した中村雅哉(なかむら・まさや)さんが22日、死去した。91歳だった。葬儀は近親者で行った。後日、バンダイナムコホールディングス主催の『お別れの会』を開く。
    1955年、百貨店の屋上の遊具をつくる『中村製作所』を設立。77年『ナムコ』に社名を変更し、業務用ゲーム機事業などにも進出した。80年に発売した『パックマン』は世界中で大ヒットした。」

    (朝日新聞デジタル)
    http://www.asahi.com/articles/ASK1Z5WZKK1ZULFA03N.html

    IMG_0464

    「ナムコの設立者でありパックマンの生みの親でもある中村雅哉氏が他界、享年91歳。私たちの生活に喜びをもたらしてくれたことに感謝」

    【外国人「偉大な人物だった・・・。」バンダイナムコの設立者、中村雅哉氏が逝去】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゲーム用の座椅子「Buddy the game chair」がSNSなどで話題となり、大きな人気となっています。
    「Buddy the game chair」は、通常のイスとは反対向きに背もたれを前にして座り、ゲーム等を快適にプレイすることができる座椅子です。
    C20Ocg-UcAEPXZQ


    背もたれを前向きにして身体を持たれかけるため、背筋が伸びて猫背を予防する効果があるとのこと。
    カラーはアビスブラウン、リーフグリーン、シャドウブラウン、ビビットピンクの4種類あり、値段は税込みで4980円だそうです。
    16210002_25c

    【外国人「これはほしい!」日本が開発した快適なゲーム専用座椅子「Buddy the game chair」が話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    最近はスマートフォンやタブレットの性能が向上したおかげで、パソコンがなくても色々なことができる時代になりつつあります。

    しかし、時代の流れに反するようなハイスペックのラップトップを「Acer」が開発。
    「Predator 21X」という機体です。


    predator13

    お値段は9,000ドル(約105万円)と非常に高価ですが、それだけあって非常にハイスペックとなっております。

    「Predator 21X」は21インチの21:9曲面ディスプレイにオーバークロック対応の第7世代Core i7プロセッサ、デュアルGeForce GTX 1080、 64GB RAMなど、すさまじいスペックを備えたラップトップです。

    しかし、重さは約8.8kgもあり、ラップトップなのにも関わらず持ち運べるようなパソコンではないように思えます。

    コメント欄でも「こんなの持ち運べない」といったコメントや「デスクトップのほうがいい」、「自作PCを使ったほうがマシだ」というコメントが多くみられました。

    いくら高性能なスペックをもつパソコンとはいえ、これほどのものを買ってまでラップトップを使うのなら素直にデスクトップで済ませたいと思いますね。

    北米および欧州では2月発売予定となっています。

    【外国人「デスクトップの方が良い」重さ8.8キロのハイスペックラップトップに外国人も困惑!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    遠距離恋愛でつらいことといえば、相手に触れるができないことが挙げられると思います。

    チャット機能やビデオ通話のアプリなどを使えば相手の姿を見ることはできますが、触れることはできません。

    そこで、iPhoneを経由し遠距離相手にキスができるようになるアプリ「Kissenger(キッセンジャー)」が開発されています。

    Kissengerは、センサーが内蔵されたシリコンリップ付のアクセサリーとアプリを使います。アプリを使って相手と会話をしているときにシリコンリップにキスをすると、センサーが唇の圧力をリアルタイムで読み取ってデータ化し、相手のiPhoneへ送信します。受信した側のシリコンリップに相手の唇の感触が再現され、まるで本当にキスしているかのような感触が楽しめるという仕組みです。

    遠距離恋愛の恋人だけではなく、アイドルとファンの間などでも利用可能となるのではないかと言われており、さまざまな活用法が期待されています。

    コメント欄では、単にキス以外にも利用しようと色んなアイディアをコメントしている外国人や「これを使ったら浮気になるのか」というコメント、「実際に使ってみたい」というコメントなどが見られました。

    2254234_kisu

    翻訳元:
    http://9gag.com/gag/aVD1mPy/-kissenger-for-long-distance-couples

    【外国人「未来の遠距離恋愛だな」遠く離れた人とキスができるアプリ「キッセンジャー」が話題に!:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    寒い冬を乗り切るにあたって日本が発明した部屋着、通称「ダメ着」が素晴らしいと海外から多くのコメントが寄せられていました。
    コメント欄では寒い冬にぜひとも欲しいというコメントや、どこで買えるのかというコメントが多くみられ、日本でしか買えないということを残念がる人もおりました。


    IMG_0100

    「家でくつろぐ時に着る衣服、『ダメ着』とは『ダメ(No good)』と『着(Clothing)』という単語から来ている。あまりにも着心地が良いので着ている間は生産性をなくしてしまうため。」


    IMG_0101

    「保温性の高い材質で出来ており、ダメ着は頭からつま先だけでなく、4つのモードを選べるミトン制の袖口のおかげで指先も暖かい。」

    IMG_0102

    「フード及びジッパーで顔の部分も覆うことができるため、顔の部分の熱も逃がさない。」


    IMG_0103

    「最後にちょっとした機能として、冬のダメ着には後ろにもジッパーがついているため全部脱がなくてもトイレで用を足すことができる。」

    翻訳元:
    http://9gag.com/gag/ayL4vdW?ref=fsidebar

    関連記事:
    外国人「日本人は変なものばかり発明するな」日本が発明したおかしな数多くの発明品に外国人も困惑?!:海外の反応

    【外国人「ぜひとも買いたい!どこに売ってる?」日本の着心地抜群なとある部屋着に外国人も注文したいとの声が!:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (4)


    好きなキャラクターの立体像を投影し、ユーザーとの会話を可能とした世界初のホログラムコミュニケーションロボット「ゲートボックス」に対し、世界中のオタク達からさまざまなコメントが寄せられています。
    画像認識や音声認識によってユーザーの行動を認識するようプログラムされたAIロボットで、起床の手助けやお出迎えなどもしてくれるとのこと。
    また、室内の家電製品との連携も可能であり、自動的に室内の明かり等を点けたり消したりしてくれるそうです。

    ちなみに販売価格はまだ未定ですが、10万円前後を予定しているとのこと。



    翻訳元:
    https://www.facebook.com/EsaFungtasticVines/videos/706285446195156/
    http://9gag.com/tv/p/abd7GN/gatebox-virtual-home-robot-pv

    【外国人「これって悲しくならないか・・・」日本が開発中のホログラムコミュニケーションロボット「ゲートボックス」に外国人も困惑!?:海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ