海外の反応:世界ウォッチング

日本・海外のあらゆる話題をピックアップしながら外国人の反応を紹介するサイトです。毎日ドンドン更新していきます!

    カテゴリ: 生活・食べ物

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    外国語を学ぶ際に有効な手段のひとつとして、ネイティブスピーカーの友人を作って毎日話すというのがありますが、日本に住んでいる外国人はそこまで多くありません。
    しかし、今ではインターネットのおかげで世界中の人と気軽にコミュニケーションがとれる時代です。
    日本在住のレイチェルさんが、外国語を学んでいる人たちが世界中からアクセスしているアプリを紹介しています。
    動画内で紹介しているのは「Hello Talk」というアプリで、自分の母語と学びたい言語を設定すればネイティブスピーカーとチャットができるというものです。
    チャットだけではなく、ツイッターのように自分のつぶやきを外国語で書いて投稿することにより、ネイティブスピーカーが文法などを修正してくれます。

    (字幕設定で日本語字幕を表示できます。)

    私もこのような言語コミュニティサイトは利用したことがありますが、なかなか良い学習手段だと思います。
    仲良くなればLINEやスカイプなどに招待して通話をするという手段も有効です。

    しかしながら、この手のコミュニケーションツールは出会い目的で使用する人が少なからずいるため、女性にはやや使いづらいかもしれません。
    また、外国語は毎日話さないと上達しないため、ほぼ毎日やりとりができる親しい友人を作れることが前提となってきます。


    私の場合は、以前とある言語コミュニティサイトにハマって仲の良い外国人の友人等と毎日話していましたが、時々学校をサボって朝から晩まで会話をしていて出席日数が足りなくなりかけたことがあります^^;

    ネットで友人を作るのは良い手段ではありますが、出会い目的な人もいれば性格が合わない人もいますので、
    自分と気が合う友人が見つかるまでは少し根気がいるかもしれません。

    【外国人「日本人の友達がほしい!」外国語を覚えたい人が世界中から集まるアプリを外国人が紹介!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    03f6e7f939c6f03931222ab4be98c66b

    2020年の東京オリンピック開幕に向けて、日本はさらに禁煙強化を実施する方針を定めていますが、この政策に対し反対の意思を示している外食産業もあります。
    喫煙可の飲食店を経営している人たちの意見としては「タバコが吸えること前提で商売をしているので、全面禁煙となるとお店が経営できなくなるかもしれない」というものです。

    一昔前と比べると、喫煙の規制がどんどん厳しくなっていっている日本ですが、イギリスやオーストラリア、ヨーロッパの国々などでは飲食店内での喫煙が禁止なのは当たり前となっています。
    そう考えると、日本はまだ喫煙に関して寛容な国だと言えるのではないでしょうか。(今後、全面禁煙化になるとは思われますが)


    私はタバコを吸いませんので全面禁煙化になっても困ることはありませんが、コメント欄では「どんどん禁止すべき」という意見や「禁煙にするかどうかは店側に決めさせればいい」という意見がみられました。

    「3年後の東京五輪パラリンピックに向けて国が検討している飲食店内などを原則禁煙とするたばこの禁煙強化案について、外食産業やホテルの業界団体が反対する集会を開いた。

     12日の集会は、外食産業やホテルの経営者ら約500人が集まった。厚労省は飲食店やホテルなどの施設内を原則禁煙にし、違反した場合は罰則を科すなど、たばこの規制を強化する方針で、これに経営者らは強く反発している。
    (中略)
    飲食店などでの原則全面禁煙を推し進めたい国。これに対し、外食産業などは、客が禁煙や分煙を自由に選べるようにすべきで、病院などと一律にして全面禁煙と規制すべきではないと反対している。」
    (Livedoor News)
    http://news.livedoor.com/article/detail/12534039/

    【外国人「ドンドン禁止しろ」「経営側に決めさせればいい」日本・オリンピックに向けて全面禁煙化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカ人女性を妻に持つジュンさんが、アメリカへ来たときに驚いた文化の違いを紹介したいと思います。
    道路が右側通行なことや、銃を所持するのが合法なことはご存知な方も多いかと思いますが、
    実際にアメリカへ来て驚いたことはほかにもたくさんあるようです。
    私がアメリカへ来て驚いたことは、やはりなんといっても食べ物のサイズが大きいことやチップの制度です。
    チップの制度は驚いたというより、むしろ面倒くさいという感情の方が大きかったですが・・・。

    ジュンさんが動画内で述べていた事柄は以下のとおりです↓

    ・赤信号のときでも車が来ていなければ右折してもOKなこと。
    ・裏庭がとても広い。
    ・ジュンさんは「リスは深い森に棲んでいるもの」と思っていたが、そこらへんで普通に見られること。
    ・銃を携帯していること。
    ・家の改築などはたいてい自分ですること。(人によってどれくらいできるかは違うが、ブルーカラーの人は家や車を自分で修理する人も多い)
    ・面白いテレビ番組がたくさんあること。
    ・シーリングライトがついていないことが多い。(たいていはスタンドライトが多い)
    ・図書館が非常に多い。
    ・服屋に行って服を買ったとき、ハンガーもいっしょにもらえる
    ・スーパーがとても広い
    ・商品の値段が安いわりにサイズがとても大きい。
    ・ファストフード店でLサイズのコーラを選んだときに、XXXLサイズのコーラがでてきた。

    これに対し、アメリカ以外の国の人たちでも銃を所持できるアメリカに驚いている外国人は多いようで、銃に関するコメントが多くみられました。


    (字幕設定で日本語字幕を表示できます。)

    【外国人「拳銃にはビックリだ」日本人がアメリカで驚いたことに外国人も共感】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    d0223506_21252840


    現在日本の人口は約1億3000万人ほどですが、今後は人口が増えることはないと推定されており、急速なスピードで人口減少と高齢化が進んでいます。
    人口が減ると国内総生産(GDP)の減少や、労働力の低下を伴う経済の衰退、そして年金問題など、多くの問題が発生します。
    スウェーデンやフィンランド、ノルウェーなどの北欧諸国では、育児休暇が非常に充実しており、スウェーデンでは父親と母親あわせて約16か月もの有給育児休暇をとることができるので、結婚して子供を育てる際も非常に安定した育児環境を整えることができ若い世代の人口の減少をうまく防いでいます。
    日本でも若い世代の人口減少に対して早急な対策が立案されない限り、日本の未来は非常に危ういものとなるのではないでしょうか。
    若い世代がどんどん減り、お年寄りの世代が他国と比べて多い日本に対し、外国人たちが「なぜ日本は人口が減少していっているのか」を議論しているスレッドを紹介したいと思います。

    【外国人「日本はなんで人口が減ってるの?」日本の人口問題を外国人たちが議論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フードファイターのアンジェラ佐藤さん、大食いユーチューバーとして活躍している木下ゆうかさん、アイドルとして活躍中のもえのあずきさんがとある番組で大食いチャレンジしている動画を紹介したいと思います。
    動画内では大盛りの味噌煮込みうどん、海鮮丼、そして重さが20kgもあるラーメンに挑戦しています。
    20kgもあるラーメンにさすがの3人も苦戦を強いられており、コメント内では「こんなラーメンはフェアじゃない」と非難するコメントが多くみられました。
    ただでさえ山盛りのラーメンで食べるのに時間がかかるのに、時間が経てば経つほど麺がスープを吸収してしまうラーメンに挑戦している3人を見ていると辛くなってくるものがあります。
    また、「木下ゆうかとアンジェラ佐藤はナチュラルでかわいいけどもえのあずきは可愛さを作りすぎてて好きになれない」という類のコメントも多くみられました。
    あからさまに必死な可愛さアピールは、やはりどこの国の人でも受け付けないもののようです。
    また、明らかな誤訳のある英語字幕にもさまざまな反応がありました。


    【外国人「なんでこんなにスリムなの?」色んなものを大盛りで食べる日本人女性たちに外国人も驚愕!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今回紹介する動画では、日本に住んでいるもののそこまで日本の年末年始の過ごし方に詳しくないカナダ人ユーチューバーのSharlaさんが、動画で日本人相手にお正月の過ごし方について話しています。

    動画内の会話の要約:
    日本のお正月で食べるお雑煮は地域によって違いがある。
    動画内の日本人女性は愛媛県出身で、彼女の家庭ではお雑煮に刻んだイワシを入れている。
    彼女の父は香川県出身で、彼の実家ではお雑煮にあんこ餅を入れていた。(彼の家庭独自のお雑煮なのか、香川独自のお雑煮なのかは不明。)
    日本と海外(アメリカ・カナダ)ではクリスマスや新年の祝い方はかなり違い、日本ではクリスマスにデートをしたり盛大に祝ってお正月は家族で静かに過ごすが、
    アメリカやカナダではクリスマスは家族で過ごし、新年はとてもにぎやかで盛大に祝う。
    日本ではお正月に親戚の家へ集まって食事をしたり、お年玉をもらう。おみくじ等もする。


    これに対し、日本のお正月の過ごし方に興味を持つコメントや、「うちの国ではこういうふうに過ごす」という自国の過ごし方の紹介をするコメントなどが見られました。


     

    【外国人「日本の文化は魅力的だ」日本のお正月の過ごし方に外国人も関心!】の続きを読む

    このページのトップヘ