海外の反応:世界ウォッチング

日本・海外のあらゆる話題をピックアップしながら外国人の反応を紹介するサイトです。毎日ドンドン更新していきます!

    カテゴリ: 芸能人

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フードファイターのアンジェラ佐藤さん、大食いユーチューバーとして活躍している木下ゆうかさん、アイドルとして活躍中のもえのあずきさんがとある番組で大食いチャレンジしている動画を紹介したいと思います。
    動画内では大盛りの味噌煮込みうどん、海鮮丼、そして重さが20kgもあるラーメンに挑戦しています。
    20kgもあるラーメンにさすがの3人も苦戦を強いられており、コメント内では「こんなラーメンはフェアじゃない」と非難するコメントが多くみられました。
    ただでさえ山盛りのラーメンで食べるのに時間がかかるのに、時間が経てば経つほど麺がスープを吸収してしまうラーメンに挑戦している3人を見ていると辛くなってくるものがあります。
    また、「木下ゆうかとアンジェラ佐藤はナチュラルでかわいいけどもえのあずきは可愛さを作りすぎてて好きになれない」という類のコメントも多くみられました。
    あからさまに必死な可愛さアピールは、やはりどこの国の人でも受け付けないもののようです。
    また、明らかな誤訳のある英語字幕にもさまざまな反応がありました。


    【外国人「なんでこんなにスリムなの?」色んなものを大盛りで食べる日本人女性たちに外国人も驚愕!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016年に放送されていた日本のテレビコマーシャルを集めた動画に対して、多くの外国人からコメントが投稿されていたので紹介したいと思います。
    女子高生たちが歌ってダンスしているポカリスウェットのCMやExileが踊っているCM、「申し込んでスグよの歌」で話題となった中条あやみさんがけん玉をしながら歌っているCMなどが掲載されていました。
    10:35あたりで流れているアマゾンのCMの曲はアメリカやドイツなどでも使われておりかなりポピュラーなようです。


    けん玉のCMは何回もリテイクを繰り返し、なんと41回も撮影をやり直したそうです。
    41回目でついに成功したときの表情は本当にうれしそうですね。CMではけん玉をしながら歌を披露していましたが、本当は人前で歌うのは嫌だとも語っておりカラオケなども苦手だそうです。
    ちなみにけん玉をしながら歌っている時のCMの収録現場はこちら↓


    私のイギリス人の友人も偶然これを見ており、「日本語わからないから何を言っているのかはわからないけどおもしろい」と称賛していました。CMを作る際に重要なことの1つとして、たとえ言葉がわからなくとも純粋に楽しめるような宣伝をすることにより、視聴者の頭に残るようにすることなのかもしれません。

    【外国人「日本人はユーモアのセンスがある」日本のCMに外国人も感動!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本におけるアニメ映画の巨匠であるスタジオジブリの宮崎駿監督が、1月5日に誕生日を迎えました。
    宮崎駿監督は1941年1月5日生まれで、今年で76歳となります。
    アニメ制作会社のスタジオジブリは、これまでに多くの名作を生みだしてきており、現在は短編映画の「毛虫のボロ」を制作中とのこと。実は「毛虫のボロ」は20年以上前に企画された映画だったのですが、あまりにも表現方法が難しく当時の技術では十分な表現力がなかったために断念したそうです。
    最近では3D映画の技術が発達したおかげで、「毛虫のボロ」も3D技術をふんだんに取り入れた映画になるとのことです。しかし、手書きにこだわり続けていた宮崎駿監督にとって若いスタッフとの初めてのCGの共同作業は大きな戸惑いを感じているようです。

    これまでに引退を何度か宣言したものの、その都度再び映画製作に携わる宮崎監督に外国人からも誕生日を祝うコメントが投稿されており、みんなどの映画が好きなのかを話し合うコメントがみられました。
    老いてなおも作品を描き続け、亡くなる前でも「頼むから仕事をさせてくれ」と言った漫画界のパイオニア、手塚治虫と通ずるところを感じます。

    img_e928790d4c50985cecfad6fe3f24aaf5226543

    【外国人「この人はやはり天才だね!」スタジオジブリ・宮崎駿監督の誕生日を外国人も祝福!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨年の1230日にTBS系で生放送された「第58回輝く!日本レコード大賞」にて、特別話題賞のピコ太郎さんがオーケストラの生演奏をバックにPPAPを披露しました。今回披露されたPPAPのテーマは「PPAPロングバージョン~生バンドと共に宇宙へ~」ということで、曲の終盤には宇宙戦艦ヤマトのテーマ曲も織り交ぜられたバージョンとなっていました。



    PPAP2016825日にYouTubeに動画が投稿され、世界的に有名な歌手「ジャスティン・ビーバー」がTwitterアカウントでPPAPの動画を紹介し、飛躍的に有名になるきっかけとなりました。

    1026日には「BillboardHot 100(アメリカで最も権威のある音楽チャート)にランクインした最も短い曲」としてピコ太郎さんがギネス世界新記録を達成しました。ピコ太郎さんの公式チャンネルではPPAPの動画再生回数が1億回を突破しており、ガジェット通信から発表されたネット流行語大賞2016ではPPAPが金賞を受賞。

    こう見ると非常に輝かしい実績を誇るPPAPですが、一発屋としての評判も多く人気がいつまで続くのか怪しい雰囲気も出ています。本人もすぐに人気がなくなってしまうことは自覚しているようですが、彼の今後の活動がどうなるのか気になるところです。最初は良い意味で騒がれていたPPAPも、今では「どこが良いのかわからない」と叩くコメントが多くみられます。


    翻訳元:
    http://9gag.com/tv/p/anjBAg/pikotaro-performs-ppap-with-orchestra?ref=fsidebar

    関連動画
    外国人「なんでペンパイナッポーアッポーペンを作ったの?」PPAPで話題のピコ太郎さんが外国人の質問に答える!:海外の反応

    【外国人「オーケストラの人も何やってんだろうって思うんじゃない?」PPAPのピコ太郎さんが日本レコード大賞に出演!異様な光景に外国人も困惑!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカ映画サイト「TC Candler」が、2016年の「世界でもっとも美しい顔ランキングトップ100」を公開しました。
    日本からは島崎遥香が92位に、桐谷美鈴が38位に、そして石原さとみが6位にランクインしました。
    石原さとみさんはこれまでに3回ランクインしていますが、順位は32位→25位→19位→6位と着実に順位を上げています。
    IMG_0161


    ちなみに1位はイギリス出身のファッションモデル、「Jourdan Dunn」がランクインしていました。
    IMG_0162
    TC Candlerは同名の映画評論家が運営するサイトで、このランキングは世論を反映しているものではなく、読者から受けた提案の内容を幅広く調べ、主観的にまとめたものとのことです。

    韓国は整形大国として海外でも広く知れ渡っており、コメント欄ではこのランキングに入っている韓国人はほとんど整形だろという批判コメントが多くみられました。



    http://9gag.com/gag/ayLZW2b
    https://www.youtube.com/watch?v=v2ldYO-Lzbo

    【外国人「ランクインしてる韓国人は整形だろ」2016年もっとも美しい顔トップ100が公開!日本からは石原さとみ等がランクイン!:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本のとあるアイドルが筋肉ムキムキだということで海外から多くのコメントが寄せられていたので紹介したいと思います。
    彼女はアイドルグループ「チアワン」というグループの一員で、プロレスラーとしても活動しているようです。

    IMG_0110

    「23歳、150cmの才木さんはメンバーの中でも最小の人物。」

    IMG_0111
    「しかし上の写真を見てもらうと、気づいた方もいるだろうがお腹を露出させた衣装を着ている中で、
    23歳の才木さんはより目立っている。プロレスラーの公式サポーターを務めていることがわかった。
    才木さんの体格は彼女自身がリングに上がれるんじゃないかとすら思わせる。」

    IMG_0112

    「彼女のパワフルな筋肉は日本の典型的なアイドルのスレンダーなルックスとは異なるかもしれない一方で、
    才木さんに対する反応はポジティブなものへと変わっていき、新しく多くのサポーターを勝ち取った。」

    翻訳元:
    http://9gag.com/gag/ayL6nLW?ref=fsidebar

    【外国人「これはアリだな」「いや、男みたいで魅力を感じない」筋肉ムキムキなとある日本人アイドルに賛否両論!?:海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ