海外の反応:世界ウォッチング

日本・海外のあらゆる話題をピックアップしながら外国人の反応を紹介するサイトです。毎日ドンドン更新していきます!

    カテゴリ: 日本文化・サブカルチャー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    NTTドコモが成田空港のトイレにスマホ用のトイレットペーパーの設置を開始しました。
    スマホの画面をトイレットペーパーでふき取り、常に清潔に保つようにする試みなんだとか。
    というのも、スマホの画面というのはトイレの便座よりも多くの菌が住み着いているようです。

    スクリーンショット (50)


    また、NTTドコモは「トイレの使い方」に関する動画も公開しており、和式と洋式の違いや洗浄シャワーの使い方などをユーモアあふれる表現で説明しています。



    海外記事の要約↓

    「日本が成田国際空港のトイレにスマホ用のトイレットペーパーを導入し、衛生面において新たなる段階へ到達したという評判を得た。
    普通のトイレットペーパーのとなりに設置されている、スマホ用のトイレットペーパーを使用してもらいスマホのスクリーンの汚れを綺麗にできるという仕組みだ。
    スマホ用のトイレットペーパーの紙には『Welcome To Japan』と書かれており、毎日新聞によると成田空港の到着ロビーにある個室トイレ86箇所に導入されている。
    NTTドコモが発案したこの企画は、来年3月まで実施予定である。
    スマホのスクリーンにはトイレのシート以上の菌が潜んでいるという事が判明し、日本に訪れる外国人は日本の清潔さと日本のトイレに対する試みに関心させられた。

    日本はトイレに対しても重要な考え方を持っており、多くの建物ではハイテクなウォシュレットと保温機能のある便座が備え付けられている。
    女性用トイレでは、音姫と呼ばれるトイレの流す音を出す機械を使うことにより、用をたす際の恥ずかしい音を遮る機能がある。

    日本の最新式トイレには、臭いを素早く消し去る消臭機能もついており、「賢い」便座シートは男性が立ったまま用をたすのか座って用を足すのかを判断し自動で上がったりする。」

    翻訳元:
    https://www.theguardian.com/world/2015/jun/03/japan-may-install-toilets-in-elevators-for-earthquake-emergencies

    【外国人「日本のトイレはハイテクすぎる!」日本の公共トイレにスマホ用のトイレットペーパーを導入!日本のトイレの技術に外国人も称賛!:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クリスマスのサプライズプレゼントにちなんで、とある外国人が日本の東京で面白い自販機を紹介しています。
    日本は自動販売機の技術が非常に発達した国として知られていますが、今回紹介する自販機は何が出てくるかお楽しみの、ガチャガチャのような自販機です。
    この自販機を発明した中島さんは幼少期のころからガチャガチャが大好きでしたが、24時間できるガチャガチャがなかったということで自動販売機を改造したとのことです。
    (普通のガチャガチャはプラスチックで出来ており、セキュリティの問題上24時間稼働できないため。)

    値段は1000円均一で、スマホ用3Dゴーグルや腕時計など、中には2万円ほどの価値がある商品もあるという。


    スクリーンショット (48)

    また、動画内に映っていたケンタッキーフライドチキンのデリバリーが目に入り「羨ましい」というコメントも多々見られました。



    翻訳元:
    https://www.youtube.com/watch?v=Xpwsol0wsN0&t=206s

    【外国人「これはおもしろい!良いクリスマスプレゼントになる」「そんなことよりKFCのデリバリーが羨ましい」日本の独創的な自販機とKFCに海外から羨望のコメント!:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドイツ人ユーチューバーのCathyCatさんが、道行く外国人に対し「日本へ行く際に気を付けるべきマナー」についてインタビューしています。
    メキシコ人やスイス人、香港人などにインタビューし、彼らの回答としては


    ・道での歩きタバコはしないようにする。吸うときは喫煙所へ行くようにする。
    ・ゴミのポイ捨てをしないようにする。
    ・チップがないこと。
    ・屋内では靴を脱ぐようにすること。(一定のお店の中等は除く)
    ・道の通行方向が他の国からすれば逆なこと。(アメリカやメキシコ等では、日本と違い右側通行となっています。)


    等が挙げられていました。


    なお、動画の最後に投稿者のCathy Catさんからも気を付けるべきマナーの説明がされており、
    誰かの写真を撮る際はその人の許可を撮ることを述べています。

    我々日本人からすれば当たり前なことのようにも思えますが、国が違えばマナーや文化も違うので私たちも海外へ行くときは現地のマナーを事前に調べておく必要がありますね。

    ちなみに私のアメリカ人やイギリス人の友人達は、家の中では靴を脱ぐ人もいれば脱がない人もおり、アメリカ・イギリスでもかなり差があるように思えます。



    翻訳元:
    https://www.youtube.com/watch?v=GefpDY5uJUs

    関連記事:
    外国人「アメリカだと歯医者でサングラスが渡される」「うちの国では喫煙者にもっと厳しい」外国人が日本で感じたカルチャーショックとは!?:海外の反応

    外国人「ドイツとかなり似ている」「イギリスでも同じ」外国人2人が日本に住んでて大変なことについて語る:海外の反応

    【外国人「道でタバコ吸ってちゃいけないの?」「ハグもダメ?」外国人が日本へ来る時に知っておくべき日本のマナー:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    つい最近紹介したばかりですが、12月15日、日本のケンタッキーフライドチキンがチキン用の指手袋「フィンガーナップ」の導入を開始しました。
    フライドチキンを食べる際に指が汚れないよう工夫された指手袋で、全国のKFCに向けて導入を拡大予定していく予定です。
    無題

    この機能性と利便性は日本独自といっても過言ではなさそうですね。
    ケンタッキーに限らずチキンは手でもってかぶりつくのが醍醐味ですから、今後同様の製品が
    リリースされる日も近そうです。

    KFCのキャッチフレーズ「"It’s finger lickin’ good
    (日本語では 指まで舐めちゃうおいしさ と翻訳されていた)には少し反している気がしますが、
    ファストフードとしてはシンプルで簡単、おいしく、清潔にというのが人気の要素となりやすいですし。 


    では、日本以外のケンタッキーフライドチキンではどうでしょう。
     

    ニュージーランドのKFCでは、フライドチキンの香りがするキャンドルが開発されました。
    11種類のハーブとスパイスが調合されたKFCキャンドルで、グラスにはカーネル・サンダースの顔がプリントされています。

    実はこのキャンドルは、KFCにリリースしてほしいという関連商品の募集の中から当選されたもので、
    キャンドルの他にもフライドチキン味のリップクリームやフライドチキン風味のマニキュアなどのアイディアもあったようです。

    ajqLBd0_700b


    キャンドルグラスとカーネルさん、以外にマッチしていると思うのは僕だけでしょうか?


    翻訳元:
    http://9gag.com/gag/ajqLBd0?ref=fsidebar

    関連記事:
    外国人「日本がKFCを食べるのに素晴らしい手袋を開発したぞ!」ケンタッキー用の指手袋「フィンガーナップ」が日本のKFCで導入開始!:海外の反応

    【外国人「こんなのが家にあったら腹が減る」日本のKFCフィンガーナップに続き、ニュージーランドのKFCではフライドチキンの香りがするロウソクを発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本の社会は一昔前と比較するとだいぶ男女平等になりつつありますが、男女間の社会的な格差に関する調査「ジェンダー・ギャップ指数」によると、日本は主要先進国142カ国中104位と、まだまだ男女平等とはいえない社会といえます。

    そんな男女の格差がある日本に住んでいる女性が、どういう暮らしをしているのかを紹介した動画が上がっていたので紹介したいと思います。



    以下、動画の要約↓

    「日本の経済はいわゆる『サラリーマン』文化で成り立っており、ホワイトカラーの仕事では週80時間の労働が求められている。
    一方、キャリア精神の強い女性は最終的に大した出世ができないことがしばしばである。
    2014年、日本人女性の就業率はたった66%であり、このうち60%近くは常勤職ではなく、子供の育児や家事などが要因で女性が定職に就くのは難しい。

    2014年、OECDは家事に携っている日本人男性は他の先進諸国と比べて最も少ないという調査結果を報告。
    女性が家のことをするよう強要される雰囲気がある理由の1つとして、日本では保育園等の施設が不足していることが挙げられる。
    これは数十年にわたる問題なのにも関わらず、2015年の統計では23000人もの日本の幼児たちが保育施設の入園待ちを余儀なくされている。
    安倍首相の『ウーマノミクス(Womenomics)』には、2018年までにより多くの保育施設を確保すること、女性就業率の増加、そして女性労働者の援助も含まれている。
    アメリカの金融グループ『Goldman Sachs』は、男女雇用の差が縮まり更に約710万人もの女性が新たに労働に携われば国のGDPは12.5%アップすると見積もっている。」

    翻訳元:
    https://www.youtube.com/watch?v=DSOLFPktj3E

    【外国人「週80時間とか働き過ぎ」日本における労働時間の長さ、男女不平等に外国人も驚きを隠せず:海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    以前テレビで放送されていました健康法、「おとなまき」の独創的なアイディアに海外からも驚きのコメントがありましたので紹介したいと思います。
    おとなまきとは、本来赤ちゃんを布でくるむ「おひなまき」を大人に対してするもので、リラックス効果や体が柔軟になるなどの効果があるようです。

    スクリーンショット (44)
    u9s84f7oy6iveia8wwth

    翻訳元:
    http://kotaku.com/in-japan-theres-a-freaky-looking-way-to-relax-1790311754#replies

    【外国人「これは奇抜だ・・・」日本のテレビで放送されていた変わった健康法に外国人も困惑!?:海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ