海外の反応:世界ウォッチング

日本・海外のあらゆる話題をピックアップしながら外国人の反応を紹介するサイトです。毎日ドンドン更新していきます!

    カテゴリ: 言語関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    使う言語が違えば物事の表現の仕方も多少変わってくるものですが、とある言語には存在する表現でも別の言語では存在しない表現等は少なくありません。
    外国人が物事をどのように捉え表現しているのかを理解することができるのは、外国語を学ぶ面白さの一つとなっています。そうすることで外国人とコミュニケーションをする際に相手のことがより良く理解できるようになるからです。


    今回の動画では、日本語では存在するけど英語には存在しない表現、英語に取り入れられるべき日本語のフレーズについて話し合っています。


    動画内で挙げられた日本語のフレーズは以下の5つです↓


    「適当」
    動画内でも言っていますが、私も外国人との会話では「適当でいいよ」の代わりに「It's all up to you(きみ次第だ)」や「I'm leaving it to you(きみに任せるよ)」と言っています。
    他には、状況によって「It doesn't matter」と言い直すこともあります。
    状況によっては、日本語だと「適当」という単語で済むのを英語ではその都度色んな言い方で代用しています。


    「懐かしい」
    英語に直訳すると「Nostalgic」ですが、レイチェルさん曰く英語では懐かしいものを見たときに「Nostalgic」とはあまり言わないとのことです。
    しかしながら、コメント欄では「Nostalgic」はしょっちゅう使ってるというコメントをいくつか見ました。

    一応私のアメリカ人やイギリス人の友人に訊いてみたところ、
    アメリカ人の友人曰く「Nostalgicと言う人もいるし言わない人もいるけど、日常会話で多用すると変に聞こえるかもしれない。主に教養のある人たちに使われてる気がする。」とのことです。
    また、イギリス人の友人は「若い世代はあまり使わないけど年配の世代は使う人もいるかもしれない」と言っていました。

    私もNostalgicはあまり頻繁に言っていませんが、「Oh I remember that(これ覚えてるわ)」や「I used to~(かつては○○していた)」という言い回しを代わりにしています。


    「もちもち」
    英語では「Chewy」という単語が一番近いですが、「Chewy」はネガティブな意味合いで使われることもあるので、日本語の「もちもち」とは微妙にニュアンスが違うかもしれません。


    「面倒くさい」
    私も外国人の友人が出来て話し始めたばかりのころはどう言おうか迷ってましたが、今は「I'm too lazy to~」等で代用しています。
    「Lazy」は「怠けている」というような意味の形容詞です。
    「面倒くさい」という日本語も状況によって微妙に意味合いが変わってきますが、
    例えば「彼は面倒くさい奴だ」のようなフレーズだと「He's annoying(彼はムカつく/ウザい)」と言うか、あるいは「He bothers me(彼には困らせられている)」という風に言っています。
    宿題や課題などをするのが面倒くさいと言いたい場合は、上述のように「I'm too lazy to do my homework(怠けすぎて宿題する気分にならない)」というふうに言います。


    「しょうがない」
    英語だと「It can't be helped(どうしようもない)」のような言い方がありますが、日本語の「しょうがない」とは使われる状況の範囲に差がありますので
    「Don't worry, It's not your fault. It can't be helped(心配しないで、君のせいじゃないからしょうがないよ)」のように他のフレーズと併用して使ったほうがいいかもしれません。


    私も外国人と話していて、日本語では上手く言えても英語には存在しないニュアンスに遭遇して言葉に詰まってしまうことがたまにあります。
    今回の動画では紹介されなかった日本語だと、「さすが」や「渋い」を英語でどう言おうかいつも迷いますね。


    コメント欄では、「うちの国ではこういうフレーズがあっても英語にはない」という類のコメントが、色んな非英語圏の外国人から投稿されていました。

     

    【外国人「日本語にはあるけど英語にはないよ」英語にも取り入れてほしい日本語のフレーズとは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    外国語を学ぶ際に有効な手段のひとつとして、ネイティブスピーカーの友人を作って毎日話すというのがありますが、日本に住んでいる外国人はそこまで多くありません。
    しかし、今ではインターネットのおかげで世界中の人と気軽にコミュニケーションがとれる時代です。
    日本在住のレイチェルさんが、外国語を学んでいる人たちが世界中からアクセスしているアプリを紹介しています。
    動画内で紹介しているのは「Hello Talk」というアプリで、自分の母語と学びたい言語を設定すればネイティブスピーカーとチャットができるというものです。
    チャットだけではなく、ツイッターのように自分のつぶやきを外国語で書いて投稿することにより、ネイティブスピーカーが文法などを修正してくれます。

    (字幕設定で日本語字幕を表示できます。)

    私もこのような言語コミュニティサイトは利用したことがありますが、なかなか良い学習手段だと思います。
    仲良くなればLINEやスカイプなどに招待して通話をするという手段も有効です。

    しかしながら、この手のコミュニケーションツールは出会い目的で使用する人が少なからずいるため、女性にはやや使いづらいかもしれません。
    また、外国語は毎日話さないと上達しないため、ほぼ毎日やりとりができる親しい友人を作れることが前提となってきます。


    私の場合は、以前とある言語コミュニティサイトにハマって仲の良い外国人の友人等と毎日話していましたが、時々学校をサボって朝から晩まで会話をしていて出席日数が足りなくなりかけたことがあります^^;

    ネットで友人を作るのは良い手段ではありますが、出会い目的な人もいれば性格が合わない人もいますので、
    自分と気が合う友人が見つかるまでは少し根気がいるかもしれません。

    【外国人「日本人の友達がほしい!」外国語を覚えたい人が世界中から集まるアプリを外国人が紹介!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本語の漢字のタトゥーを彫りたがっていたブラジル人が、自分の望んだ漢字とはまったく違う漢字を掘られてしまったスレッドを紹介したいと思います。
    わざわざ日本へやってきて彫ってもらったのにも関わらず、よりにもよって「馬鹿外人」と彫られてしまいあまりにも悲惨なタトゥーとなってしまいました。
    ある意味詐欺なのではないのかとすら思えますが・・・。
    日本でいえば、間違った英文がプリントされているTシャツやバッグと似たような現象ですね。

    これに対し、漢字について指摘するコメントやタトゥーに対して批判的なコメントがいくつかみられました。

    IMG_0267
    「日本語の文字のタトゥーを掘りたかったけど、ブラジルではやりたくなかったんだ。間違った文字になったら嫌だしね。
    『全能の神』って意味さ」


    IMG_0268

    「おい、このタトゥー意味が違うぞ!」
    「へへへダーリン。東京で日本人アーティストに掘ってもらったんだぞ。間違えるわけないだろ」
    「でも間違ってるんだ。意味が違う」
    「じゃあどういう意味なんだよ知ったかぶりめ」
    「バカ外人。」

    【外国人「漢字が違う!」外国人が彫った漢字のタトゥーに致命的な間違いが!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本では学校で何年もかけて英語を学ぶのにも関わらず、英語が話せない日本人が多くいます。
    これに対し、日本人たちは英語教師のことをどう思っているのかインタビューしている動画を紹介したいと思います。

    インタビュー内で訊いている質問は以下のとおりです↓


    「あなたが好きだった英語の先生について教えてください」


    「あなたが好きではなかった英語の先生について教えてください」


    「ネイティブスピーカーの英語教師はいましたか?」


    「日本人の英語教師とネイティブスピーカーの英語教師、どちらのほうがいいですか?」


    「英語教師たちにもっとこうしてほしい!というようなことはなんでしょうか?」


    好きだった英語教師として、明るく積極的に英語で話しかけてくれるようなALTの先生や丁寧に教えてくれる先生が良かったという意見が目立ちました。
    日本人教師とネイティブの教師、どちらが良いかというのは一長一短に思えるのですが「文法を詳しく教えてくれる」という面で言えば日本人教師、きちんと発音を身に着けたりガッツリ会話をしたいという場合はネイティブの教師がいいという意見が多かったです。
    日本語と英語、両方の言語を流暢に話せる教師が理想的だそうですが、そういう人材はなかなかいないのが残念ですね。
    英語を習得した人たちは、たいてい自分なりの英語学習法を考案して身に着けていった人が多いと思いますが、
    コメント欄では学校での学習以外にもプライベートで英語のテレビ番組を観たりユーチューブなどで英語の動画を観て覚えたというコメントがみられました。


    【外国人「ちょっと日本行ってくる」日本人は学校の英語教師をどう思っているのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    パナソニック株式会社が、話した言葉を自動的にほかの言語に翻訳してくれる「メガホン型翻訳機(通称・メガホンヤク)」の導入を開始しました。
    メガホンヤクは、本体の録音ボタンを押して日本語を音声入力すると瞬時に英語、中国語(普通話)、韓国語の3か国語に翻訳して再生してくれるという機能を搭載しており、空港や駅などの交通機関や展示会、イベントホール、観光地など様々な場所での使用が期待されます。
    このメガホンヤクにはあらかじめ約300ほどの定形文が登録されています。
    頻繁に変更が想定される数字などの単語を含む文章は、いくつかのパターンから選択できるワード選択機能にも対応しており、全体で約1800パターンの文章が利用可能となっています。
    「急いでください」や「列にならんでください」などのシンプルなフレーズから、「事故のため、ただいま30分程度電車が遅れています」などのやや長い文章にも対応しています。
    それだけではなく、用途に合わせて新たなオリジナルの文章を追加することも可能です。

    2020年には東京オリンピックも開催され、これからますます増加することが予測される外国人観光客に対応するために今後の需要は高まっていくのではないでしょうか。


    【外国人「グーグル翻訳みたいなもの?」日本、音声を外国語へ自動翻訳するメガホンを実用化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2017年になり、みなさんそれぞれ自分の新年の抱負があることだと思います。

    2017年の抱負として日本語を学ぶことを目標としている外国人たちのスレッドを紹介したいと思います。

    英語が母国語の人にとって日本語の習得難易度はもっとも高いと言われており、その要因として英語とはまったく異なる文法や3つの文字(ひらがな、カタカナ、漢字)を使い分ける必要があること、そして膨大な漢字の量が主な理由として挙げられます。

    逆に英語話者にとってもっとも学ぶのが簡単な言語はスウェーデン語やオランダ語などが挙げられます。

    これらの言語は英語と共通点が非常に多く、スウェーデン語やオランダ語話者にとって英語を学ぶのは容易でありたいていのスウェーデン人やオランダ人は流暢な英語を話すことができます。


    話は戻りますが、日本語を学ぼうと思っている外国人がスレッドを立ち上げ、同じく日本語を学ぶ予定の人たちといっしょに日本語について語り合っていました。


    スレ主「俺の今年の抱負は日本語を勉強することなんだ。俺のほかにも日本語学習が抱負の人はいない?マンガを読んだりアニメのセリフを聞き取れるようになったり、まだ翻訳されていないゲームなんかがプレイできるようになりたい。

    自分の決意を確固たるものにするためにこのスレッドを立ち上げた。」


    【外国人「日本へ行きたいからさ!」日本語を学ぶ外国人たちが集まるスレ:海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ