日本は温帯に属しており季節の変化が比較的はっきりしているため、春夏秋冬の四季に4等分することができます。
そのため日本では「日本は四季の国」などとよく言われていますが、海外でも四季は存在します。しかし、寒帯に属する国々では日本と違い春夏秋冬のうち「夏」の暑い時期が極端に短く、熱帯に属する国々では一年を通して気温の変化が少なく、雨量の変化が激しいので乾季と雨季に二分されます。
また、ロシアやアメリカ、オーストラリアなどのような国土が非常に広い国々では地域によってさまざまな気候が存在するため「自国の四季」というものについて説明する際に困ることもあるそうです。

avry6rX_700b
翻訳元:http://9gag.com/gag/avry6rX

【外国人「日本人は多くの人が、四季があるのは日本だけだと思ってるらしいよ」世界各国の四季事情:海外の反応】の続きを読む